アフリカの非常に合理的な「ブロック敷き詰め」作業が「頭いい」と話題に



お気に入り


日本の道路でもおなじみの「ブロック敷き詰め作業」ですが、割と我々の国では道路というよりも歩道に使われることが多く、

非常に制度の高くクオリティ高いブロックの敷き詰め技術にさすが「プロフェッショナル」だなと感じさせられるものです。

実際どのような技術を使いあのように敷き詰めていくのか疑問ではありますが、こちらアフリカのブロック敷き詰め作業は合理的だ。




block-siki


なんとブロックを一気に不思議な器具を使い敷き詰めているではないか。

いやだが少し待っていただきたい。これは本当に敷き詰めているのだろうか。

よく見ると敷き詰めているというよりもコンクリートの上に凹凸をつけているだけではなかろうか、

つまりコンクリートの上から「ハンコ」を押してあたかも敷き詰めているように見せかけているというテクニック。

確かにこれであれば、わざわざ精度の高い敷き詰め技術は要らなく、かつ時間も短縮できる。

そして見栄えとしては実際に敷き詰めるのと遜色ない出来栄えになる。

このような製法があるとは驚きだ。

「アフリカ」だからという訳では無く、安価でこのようなやり口で道路を整備することが出来るのであればむしろ取り入れるべきだ。




―海外の反応

この写真は海外のサイトでも紹介され「素晴らしい」「あたまいい」などと絶賛のようだ。

・非常に正常に見えるエンボス加工だ
・高速過ぎるハードウェア―だ!
・中国から輸入したのかな
・神の馬ですか?
・頭良過ぎるだろう
・アフリカの兄弟ww
・くっそ笑った
・愚か過ぎるだろう
・水は何処に漏洩していくのか。
・どういう事だよこれは
・巧妙すぎて驚いた
・素晴らしい!!!
・これは手抜きにならないのですか?
・二次元好きにはたまらない。
・雨の日ヤバいだろこれ
・時間がたてば摩耗し、平らになるでしょう




確かに水はけは悪そうだ。

(秒刊SUNDAY:http://www.yukawanet.com/archives/4565825.html)

お気に入り


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】